トップへ戻る

あひる保育園 地震の対応について 【お知らせ】 2018-06-19 15:42 UP!

こんにちは。
昨日の大きな地震は、皆さん被害等大丈夫でしたでしょうか。
まだ余震が続いていますので、引き続きご注意ください。

さて、今後一週間で、また同規模の地震がくることも警戒されます。
子ども達の安全のためにも、ご都合のつく方は、なるべく早めのお迎えや、お休みのご協力をお願いします。
もし公共交通機関が止まり、職場から自宅待機の指示が出されている場合などは、ご自宅で過ごし、出勤の要請があった時点で、保育園に連れて来てください。


以下、気象庁の発表です。
【震源周辺の断層活発化 今後も注意を…】
大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震を受けて、気象庁は18日午前から緊急会見を行っています。今後、1週間程度は同じ規模の地震が起きる可能性があるとして注意を呼び掛けています。

気象庁:「揺れの強かった地域では地震発生から1週間程度、最大震度6弱程度の地震に注意して下さい」
気象庁によりますと、大阪府が震源の地震で震度6弱を記録したのは、1923年以降の記録が残っているなかでは初めてのことです。今回の震源周辺には有馬-高槻断層帯があり、1596年にマグニチュード7.5の地震が起きたとされています。この断層周辺では、今回の震源周辺で地震活動が活発になっています。揺れの大きかった所では地震発生から1週間程度は最大震度6弱程度の地震に注意が必要です。

【避難の心得 一般財団法人 日本気象協会】
https://tokusuru-bosai.jp/refuge/refuge-ej01.html