• TOP > 
  • カテゴリ

【カテゴリ】  乳幼児子育て応援事業 わくわく保育所開設事業

認定こども園西鈴蘭台頌栄保育園[神戸] 【乳幼児子育て応援事業 わくわく保育所開設事業】 2021-01-06 16:51 UP!

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、感染予防をしながら月に1~2回約3組限定で実施しています。お家の方とのわらべうたやふれあい遊び、ベビーヨガでは、かわいい子どもたちの笑顔もたくさん見られています。その他にも、離乳食講座や地域の方と子育てや育児についてお話をする機会をもち、和やかな雰囲気の中で楽しんでいます。また、育児相談は電話・FAXMailでも受け付けています。

 ☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 
 

幼保連携型認定こども園 安室保育園 [姫路] 【乳幼児子育て応援事業 わくわく保育所開設事業】 2021-01-06 16:40 UP!

 
 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 新型コロナ感染症感染防止対策として、状況が落ち着くまでは保育園内での実施はせず、オンライン あそびキット配布 電話での子育て相談を行っています。オンラインではわらべうたあそび 保育園児との交流、育児疲れ解消ストレッチを行っています。コロナ禍の中、孤立しないよう丁寧に寄り添えるよう配慮しています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

幼保連携型認定こども園瑠璃こども園 [姫路] 【乳幼児子育て応援事業 わくわく保育所開設事業】 2020-12-09 15:59 UP!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コロナに対する不安がある今、子育て支援はZoomやフェイスブック配信を始めました。まだ少人数ですが、お話ししながら紙粘土手形やアイス作りをしたり、手作りおもちゃを紹介しました。季節に合ったテーマを取り入れ、親子で楽しい時間を過ごして頂けたらと思います。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

伊孑志保育園 [ 宝塚 ] 【乳幼児子育て応援事業 わくわく保育所開設事業】 2020-12-02 16:40 UP!

 
 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

新型コロナウィルス感染症の影響で、密を避けるため一回の人数を制限して実施しています。

まだまだ終息する気配がありませんが、園舎内に入るときには石鹸で手洗いを、保育室に入るときには検温と手の消毒をしていただき、安心して遊んでいただけるよう配慮しています。

また、専任の保育士が随時様々な相談に対応しています。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

みつばこども園【明石】 【乳幼児子育て応援事業 わくわく保育所開設事業】 2020-10-29 15:45 UP!

 
 

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 

専用の地域交流ルームがあり、毎週月曜日から水曜日に親子で楽しんでいます。その中でも月に一度のママレク講座は大人気!

子育てママさんやマタニティさん対象に、保育教諭や保健師さんと一緒に子育てを楽しむコツを実践したり相談したりできる交流の場です!zoomを使ったおうちからの参加もできるので、コロナ渦でも安心してご利用いただけます。

 

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

認定こども園 照福こども園[朝来] 【乳幼児子育て応援事業 わくわく保育所開設事業】 2020-10-08 11:15 UP!

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

こども園の近くの坂根公園に出前保育に行きました。早速、自然の中でふれあいあそびがはじまりました。みんな大好きわらべうた。

コロナさんもどこかへ飛んでいきそうです。

☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡☆彡

 

 乳幼児子育て応援事業 

 実施施設様の活動の様子をご紹介します。ご応募がございました施設様については、順次掲載いたします。

【取材報告】ゆたか保育園(明石) 【乳幼児子育て応援事業 わくわく保育所開設事業】 2017-10-27 09:55 UP!

 
 
 

 

訪 問 先   ゆたか保育園(明石) 

内  容    運動会ごっこ 

 連 絡 先   078-922-3545 

ホームページ  http://yutaka.yutakafukushikai.com/ 

 

 

訪問日の様子☆ 

 

 訪問日は、園庭で運動会ごっこが開催されました。雨続きの期間中、束の間の晴れということもあり、開始予定の時間になるとたくさんの方々が集まってこられました。運動会ごっこが始まるまでは、子育て支援室で自由に室内遊びを楽しんだり、園庭で戸外遊びを楽しみながら過ごされていました。

 

 子育て支援室は、十分な広さと様々な玩具が用意されており、思い思いに好きな玩具で遊んだり、保護者の方同士でコミュニケーションをとられたりする様子が見られました。人数も多い為、お友達が使っている玩具に興味を持ち、別のお子さまが横から使おうとする場面も何度かありましたが、担当保育士さんや近くにいた保護者の方に「順番」ということを優しく教えてもらい、先に使っていたお子さまにとっても、待っているお子さまにとっても、人との関わりや社会の簡単なルールを知る、とても良い機会になっているようでした。他者の存在を知り、関わる喜びを知ることができるのも、子育て支援広場の良いところですね。また、室内用の遊具では、はしごを一歩一歩、指先・手の平・腕・足の指・足の裏・他にも身体の色々な部分の力を上手に使い、バランスをとりながらゆっくりと集中して挑戦する姿も見られました。たくましくしなやかな身体をつくる為にも、色々な遊びを経験できる機会の大切さを感じました。

 

運動会ごっこが始まると、参加希望の方は園庭に出て、準備体操となるダンスを楽しみました。保育士さんのお手本を一生懸命模倣し、広い園庭で存分に身体を動かしました。準備体操の次は、かけっこを楽しみました。様々な年齢のお子さまがいらっしゃったので、保護者の方と一緒に走るお子さま、保護者の方と離れて一人で走るお子さまに分けるなど、発達に合わせてプログラムを進めておられ、お子さま一人ひとりが満足して楽しむことができていました。玉入れでは、膝の屈伸に合わせ、手に持った玉をタイミングよく手から放すという難しい動きにも関わらず、カゴを目がけて一生懸命投げていました。その後も、色オニや在園児さんの旗を使ったマスゲームの演技の観覧を楽しみ、最後はみんなで終わりの体操をしました。

 

終了後は、保育士さん手作りのメダルとジュースをお土産にもらい、子ども達も大満足の様子でした。

 

子育て支援室という専門の場所があるからこそ、ゆっくりと座って子育てについての悩みを保護者同士で共有したり、現役保育士さんに相談できる機会を持つことができていました。ここでの時間が、ご家庭においてのお子さまとの関わりをより豊かにするきっかけになればという想いや願いがたくさんつまった、とても温かい時間でした。

 

 

 

ゆたか保育園では、わらべうた遊びや絵本の読み聞かせ等の様々なプログラムを週3回、子育て相談日を週2回実施されています。詳しくはホームページをご覧頂くか、施設に直接お問合せください。

 

 

 

 

 

【取材報告】かえで保育園(西宮) 【乳幼児子育て応援事業 わくわく保育所開設事業】 2017-10-02 18:23 UP!

 
 
 

訪 問 先   かえで保育園(西宮) 

内  容    育児相談・健康チェック

 連 絡 先   0798-32-2713

ホームページ  http://kaede-nursery.jp/

 

訪問日の様子☆

 訪問日は、助産師、ヨガやベビーマッサージの講師、保育園の園長先生方で、地域の子育て家庭の方に向け、育児相談や健康チェックが行われていました。「保育園ってどんなところ?」というお話や、保育園の入所について、また、子育ての悩みなどについて、お話をされていました。開始時間が近づくと、地域の子育て家庭の皆様がぞくぞくと集まってこられ、70名近くの方が参加される大盛況となりました。

 

 始めに行われた保育士さんの歌遊びでは、歌に合わせてペープサートの物語が進み、子どもたちもじ~~っと見て、興味津々の様子でした。歌を聞いて体を揺らす子、ペープサートの動物に触れたくて手を伸ばそうとする子、新しい動物が登場するたびに声を出し、嬉しくて楽しい気持ちを表現する子、色々な姿を見せてくれました。

 

 子育て相談では、「体重がなかなか増えなくて…」と心配されている保護者の方に、ミルクや食事の量を聞き、専門的な知識を基にしたアドバイスを行ったり、「歯磨きをきちんとしたいけど、子どもが嫌がってなかなかうまくできない」という保護者の方には、「こんな方法もありますよ」と、いくつかの方法を提案し、ご家庭で試しながらそれぞれに合った方法を見つけられるよう、お話をされていました。同年代の子どもを持つ保護者の方と話したり、助産師さんや園長先生と話をすることで、子育て中の悩みや、保護者の方が一人で抱える不安が、少しでも軽くなるよう、一人ひとりとゆっくり丁寧にお話をされている様子が印象的でした。

 

 室内には、玩具もたくさん用意されており、保護者の方がお話されている間も、初めて見る玩具に触れてみたり、保育士さんと遊んだり、ハイハイで探検したりと、保護者の方が見える場所で安心して好奇心を膨らませていました。

 

 かえで保育園では、週2回の園庭開放や、子育て相談、親子ストレッチなど、様々な活動を実施されています。詳しくは、施設HPの子育て支援コーナーをご覧頂くか、施設に直接お問合せください。

【取材報告】第2なすみ保育所 【乳幼児子育て応援事業 わくわく保育所開設事業】 2017-08-07 14:46 UP!

 
 
 

♪乳幼児子育て応援事業の実施施設に取材訪問をしてきました♪

 

訪 問 先   第2なすみ保育所(明石) 

内  容    親子で健康体操(3B体操) 

 連 絡 先   078-915-7145 

 

訪問日の様子☆

 

 訪問日は、親子健康体操の日でした。講師として、公益社団法人3B体操協会から指導者の井元紀子先生をお招きし、開催されました。

 開始時間よりも少し前に集まって来られた子育て家庭の皆様は、広い保育室に集まり、好きな玩具で遊んだり、保育室で飼育している昆虫に興味を示したり、他の保護者の方や保育士と言葉を交わしながら、自由に過ごされていました。

時間になり、講師の先生に「○○ちゃ~ん」とお名前を呼ばれると、「は~い!!」と元気なお返事を聞かせてくれた子ども達。少し恥ずかしくて、保護者の方と一緒にお返事する姿も可愛らしく、和やかなムードで始まりました。

 ウォームアップやストレッチでは、音楽に合わせて簡単な動きを行い、筋肉や関節をほぐしながら少しずつ身体を温めることで、無理なく体操を楽しむことができるよう、準備をしました。 

3B体操ならではのベルという用具を使ったプログラムでは、親子でペアになり、「なべなべ底抜け」のような動きを楽しんだり、背中合わせで頭上や股下を通してベルを相手に渡したりすることで、自分一人ではなく相手の動きを感じながら動くという楽しさを見つけ、なかなかうまくできない中でもチャレンジする姿が見られました。

保護者の足の上に子どもが足を乗せ、お部屋の中を歩くプログラムでは、子ども達自身がうまくバランスをとりながら、大好きな保護者の方にぎゅっとつかまり、触れ合いながら楽しみました。身体を動かしながらの触れ合いは、信頼関係を深めることにも繋がり、音楽が鳴り終わっても続けようとする姿が見られるほど、多くの子ども達にとってお気に入りのプログラムだったようです。

ボールを使ったプログラムは、遊びながら、協応動作の獲得にも繋がり、子ども達も「掴む」「離す」「屈む」などの動きや、力加減に四苦八苦しながらも、集中して遊ぶ姿を見せてくれました。投げるのがまだ少し難しい小さな子ども達は、ボールの感触に触れたり、自分の身体の半分ほどの大きさのボールを抱えたり、バランスを取りながら運んだりすることも、楽しかったようです。 

他にも、アンパンマンやサザエさんの音楽に合わせてリズム体操をしたり、ベルを使ってのボールお片付けゲームをしたり、と盛りだくさんの内容を楽しみ、最後はみんなで深呼吸をし、活動終了です。 

活動の合間でも、子ども達から「次はなにする~?♪」「たのしいねぇ~♪」という可愛らしい声も聞こえ、活動に興味を持ち楽しんで参加している様子が伝わってきました。 

年齢により発達もいろいろ、保育園への慣れ具合もいろいろですが、それぞれが、それぞれに合った楽しみを見つけ、保育園を後にされていました。

 

第2なすみ保育所では、親子健康体操や、親子リトミック、園庭開放等の活動を実施されています。詳しくは施設に直接お問い合わせください。 

 

【取材記録】みつばこども園 【乳幼児子育て応援事業 わくわく保育所開設事業】 2017-06-27 10:43 UP!

 
 
 

♪乳幼児子育て応援事業の実施施設に取材訪問をしてきました♪

 

訪 問 先   幼保連携型認定こども園みつばこども園(明石) 

内  容    親子ダンス

 連 絡 先   078-936-3282

ホームページ  http://mitsuba-kodomoen.jp/

 

訪問日の様子☆

 訪問日は、親子ダンスの日でした。前日から続く強い雨にも関わらず、プログラム開始の時間よりも早くからたくさんの子育て家庭の方々が集まってこられ、自由に遊びながら、ゆったりと過ごされていました。その間も、子育て支援担当の保育教諭さんが常にいるため、保護者の方が言葉がけや遊び方などを知る機会にもなっているようです。また、保護者の方同士も言葉を交わされる姿も見られ、コミュニケーションの場にもなっているようでした。

ダンス講師の経験をお持ちの現役保育教諭さんが講師となり、音楽に合わせて簡単な振り付けを楽しみました。ひよこやカンガルーになり、ぴょんぴょんと、とっても可愛らしいダンサーたちでした♫

元気いっぱいの講師の真似をし、クルクルと回ったり、手をパタパタと動かしたり、子どもたちも保護者の方々も、良い笑顔をたくさん見せてくれました。30分ほど体を動かすと、保護者の方々は汗びっしょり、子どもたちからも「あっちゅーーい」と可愛い元気な声が聞こえてきました。

ダンスの中には、子どもたちと保護者の方との触れ合いがたくさん盛り込まれていて、抱っこのたびに、見ているこちらまで笑顔にさせてくれるような得意げで満たされた表情を見せてくれました。ただ身体を動かすだけでなく、触れ合いや抱っこの大切さを知ることのできるプログラムでした。また、発達を理解した上での模倣しやすい動きを取り入れることで、子どもたちが最後まで集中して楽しむことができていたのも、講師が現役保育教諭さんだからこその良さでした。

最後にはゆったりとした音楽に合わせて軽いストレッチも行われ、身体も気持ちもクールダウンし、落ち着いた気持ちで活動を終えることができました。

プログラム終了後も子育て支援室が開放されている為、「まだもう少し遊びたい」と思っている子どもたちも自由に過ごすことができ、満足してこども園をあとにされていました。

 

みつばこども園では月・火・水に子育て支援室を開放し、身体計測や絵本の読み聞かせ、製作など、さまざまな活動を実施されています。詳しくは、施設に直接お問合せください。